障害福祉サービス事業所  まつはらの家


【運営方針】
1 目標
  共生社会の実現に向けて、障がい者が地域において自立した生活が営めるよう一般就労
 の実現、就労機会の提供など就労にかかる支援を行う。利用される方の意思及び人格を尊
 重して、常に利用される方に寄り添う支援を行う。

2 重要課題
 1 工賃向上
  ・自主製品の販路拡大を図るとともに、新規作業をプロジェクトチームで継続して検討する。
  ・パソコン解体作業においては、営業を強化し、、年間4回の出荷を実現する。
  ・地元企業の協力を得て施設外就労を実施する。
  ・作業工程・支援方法を常に見直していく。
 2 就労に向け支援の充実
  ・一般就労に向けて、関係機関と連携して支援していく。また、就労後の定着支援にも力を入れる。
  ・
職場実習を含む施設外支援とともに計画的に生活訓練を行う。
 3 福祉サービスの充実
  ・施設内外の研修やチェックリストを活用しながら、人権擁護に対する職員の意識及び支援技術の
   向上に取り組む。
  ・事業への要望、苦情を謙虚に受け止めて問題解決に努め、サービスの向上に生かす。
  ・働きがいのある仕事を提供するとともに、行事等についても工夫を凝らす。
 4 事故防止・健康対策の実施
  ・通所時における事故防止に万全を期すとともに、荒天時や冬期間(降雪・凍結時等)の安全対策
   を図る。
  ・不審者対策についてマニュアルに基づいた対応を周知徹底する。
  ・各種災害(火災、地震、津波等)を想定した避難訓練の充実により、防災意識の向上を図る。
  ・利用者個々の健康状態を常に把握し、必要に応じ通院等の助言を行う。
  ・感染症及び食中毒の予防対策を徹底する。
 5 地域生活支援の充実
  ・関係機関と連携して利用者の生活環境改善のための支援を行う。
  ・利用者及び保護者からの相談には、共感を持って迅速かつ誠実に対応する。
  ・グループホーム利用者については、そよかぜと連携し支援を行う。






戻る