障害者支援施設  岩の平園

【運営方針】

1 運営目標
   指定障害者支援施設「岩の平園」は、「障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」の趣旨
  に沿って、利用者自身の能力と適正に応じた支援を行うことにより、その人がその人らしく生活できるよう「寄り添い」を
  大事にした、施設運営を行う。
2 重点事項
 (1)人権擁護の徹底
  ・虐待、差別等の人権侵害の防止を徹底する。
 (2)健康・高齢化対策
  ・利用者の高齢化に伴い、介護、看護の状態に応じた個別対応を行う。
  ・高齢者施設への移行についても検討していく。
  ・利用者の日頃の健康状態を把握し、健康管理を行う。
  ・健診等の結果を踏まえ、通院、治療等早期に対応する。
  ・感染症の予防とまん延防止に努める。
  ・高齢化や障がいに応じた食事形態を工夫する。
  ・適度な運動を取り入れ、健康と体力維持を図る。
 (3)災害における対応・防犯対策
  ・火災や自然災害時に速やかに避難できる避難方法や防災体制を整備し、訓練を行う。
  ・万が一の不審者侵入に備え、防犯知識と対策を整備する。
 (4)サービスの充実・生活環境の整備
  ・利用者の高齢化、重度化に対応していくためにバリアフリー化などの施設整備を行う。
  ・利用者の意向、選択に応えられるような日中活動の多様化及び高齢化、重度化に対応した支援の充実を図る。
  ・強度行動障害等、特別な支援を必要とする利用者の受入れ体制を整える。
  ・入所施設検討委員会を設置し、今後の施設の役割について検討していく。
 (5)地域交流・地域生活支援
  ・行事や外出等をとおし、地域との交流を図る。
  ・増加する短期入所利用のニーズについて関係機関と調整し、緊急時など可能な限り受入れを行う。
 (6)施設内研修の充実
  ・人材の育成や業務の基礎となる知識とスキルの習得を図る。
 (7)働き方改革実践による職場環境の整備
  ・時間外労働削減に向けた労務管理・業務の見直しを行う。
  ・働きやすい職場環境の整備に取り組む。



     

 昭和56年
 (1981)
  9月2日  社会福祉法人佐渡福祉会設立大会開催
 創立施設を 「岩の平園」 と命名
 昭和57年
 (1982)
  7月20日  社会福祉法人設立許可
  8月9日  岩の平園建築工事起工式
  9月1日  社会福祉法人登記完了
 昭和58年
 (1983)
  2月28日  岩の平園建設工事完了
  4月1日  精神薄弱者更生施設 岩の平園開園 
  5月25日  岩の平園竣工式
 昭和59年
 (1984)
 11月3日  岩の平園資材倉庫竣工
 昭和60年
 (1985)
  5月31日  岩の平園作業訓練棟竣工
  9月28日  岩の平園地域交流ホーム竣工
 平成11年
(1999)
  4月1日  「知的障害者更生施設 岩の平園」に名称変更
 平成23年
(2011)
  3月28日  生活訓練棟「あすなろ」竣工
  4月1日  新体系移行に伴い「障害者支援施設 岩の平園」に名称を変更
 平成24年
(2012)
 12月20日   耐震化大規模修繕工事竣工
平成27年
(2015)
 
   3月27日   園庭・駐車場分離整備工事竣工








【地図のご案内】



大きな地図で見る








戻る