障害者支援施設 第二岩の平園


【運営方針】
 
1 運営目標
  指定障害者支援施設「第二岩の平園」は、「障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に
 支援するための法律」の趣旨に沿って、利用者の人権を尊重し、安心・安全な施設運営に努
 めながら施設入所支援、生活介護事業の円滑な運営に努める。また利用者の日々の生活を
 大切にし、自分の持てる力を活用しながら、その人がその人らしい快適な生活を送れるよう支
 援する。


2 重点事項
 ◎「変化を心がけて」
   「変化」をスローガンに、今までより一層の変化・工夫を心がけ、利用者のサービス内容や
  職員の業務に変化を取り入れていく。
 (1) 利用者の人権を擁護する。
  ・個々の尊厳を重んじ、虐待と人権侵害の防止を徹底する。
  ・その人がその人らしい生活を送れるよう、ひとりひとりの主体性とマンパワーを尊重し、生
   き生きとした生活を送れるよう支援する。
 (2) 「輪」を持って支援する。
  ・職員は常に「輪」を意識し、利用者を中心にチーム支援を行う。
  ・利用者の個々のニーズを把握し、個別支援計画に基づき、利用者の笑顔を引き出すよう
   心がけ支援する。
  ・職員は、常に研修・研鑽を積み、福祉専門職員としての自覚を持ち、資質向上に努める。
 (3)健康で安心・安全な生活を送れるよう支援する。
  ・利用者の障がいや行動特性を把握しながら、日常生活での事故防止に努める。
  ・利用者の日頃の健康状態を把握し、健康管理に努める。
  ・利用者の重度化及び高齢化に伴い医療的ケアが必要な利用者に対して、身体機能・健
   康維持への支援や設備面での充実を図る。
  ・強度行動障害等、対応が困難な利用者の受入れ体制を整える。 
  ・食事形態を工夫し、健康面に配慮した食事を提供するともに、利用者が楽しんで食事がで
   きるよう努める。
  ・非常災害時の速やかな避難対応が出来るよう、訓練等を通し体制整備し、防犯体制を整
   える。
 (4)入所施設検討委員会等の中で今後の施設の役割について検討する。
 (5)働き方改革実践による職場環境の整備
  ・時間外労働の削減に向けた労務管理・業務内容の見直しを行う。また、職員の働きやすい
   職場環境の整備にも取り組む。





                           【沿革】
平成5年
 (1993)
 
  3月18日  「第二岩の平園」設立決定
  7月 8 日  第二岩の平園建築工事起工式
平成6年
(1994)
  2月28日  第二岩の平園建築工事完了
  4月 1 日  精神薄弱者更生施設 第二岩の平園開園
  4月25日  第二岩の平園竣工式
 平成11年
(1999)
   4月 1日  「知的障害者更生施設 第二岩の平園」に名称変更
 平成23年
(2011)
  4月 1日  新体系移行に伴い「障害者支援施設 第二岩の平園」に
 名称変更
平成23年
(2011)
  12月28日  作業訓練棟改修工事 特殊浴槽設置
 平成27年
(2015)
  8月29日   居住棟増築工事竣工


                  
【地図のご案内】



大きな地図で見る



戻る