障がい者相談支援事業所 こもれび


(特定相談支援・一般相談支援・障害児相談支援事業)


【運営方針】

1 運営目標 
   障がい者およびその家族が、地域で安心して自立した生活を営むことができるよう、適切な福祉
  サービスの利用支援、権利擁護の支援、関係機関との連絡調整、必要な情報の提供等の継続的な
  支援を行う。

2 重点事項
 (1) 指定特定・一般相談・障害児相談支援の実施
    ・計画相談支援(サービスの利用支援、継続サービスの利用支援等)を行うとともに、佐渡市の
     委託を受けた地域生活支援事業として、質の高い基本相談支援(相談者の課題解決に関する
     援助等)を行う。
    ・ 「自己決定」を原則とし、意思決定支援のプロセスを重視しながら、利用者の主体性・人権・
     尊厳を尊重する。
 (2) 佐渡市及び関係機関との連携・協力
    ・佐渡市内の中核的な相談支援事業所として、佐渡市で実施している基幹相談支援センターと
     協力しながら地域生活支援拠点における役割を果たす。
    ・佐渡市自立支援協議会の各種部会に参加し、課題を検討するとともに事務局業務を行うことに
     よって運営、推進への協力を行う。
 (3) 働き方改革、時間外労働削減に向けた労務管理・業務内容の見直し
    ・業務の効率化によって職員の負担が重くならないようにし、時間外労働削減も図る。
 (4) 支援の質の向上、人材育成
    ・関係機関との連携・協力の中での情報共有、研修の受講等によって、相談支援専門員や障害
     福祉分野支援の質の向上を図る。
    ・各種研修会を企画・運営し、相談支援専門員や地域の人材育成を進める。

3 その他の取り組み
 ・営業日、営業時間以外は電話連絡等により、24時間常時対応できるようにする。
  
 
 






戻る