障がい者相談支援事業所 こもれび


(特定相談支援・一般相談支援・障害児相談支援事業)


【運営方針】

1 運営目標 
   障がい者およびその家族が、地域で安心して自立した生活を営むことが出来るよう、適切な福祉
  サービスの利用支援、権利擁護の支援、関係機関との連絡調整、必要な情報の提供等の継続的な
  支援を行う。

2 重要課題
 (1) 指定特定・一般相談・障害児相談支援事業として、計画相談支援を行うとともに、佐渡市の委託を  
    受け地域生活支援事業として、質の高いの基本相談を行う。
 (2) 「自己決定」を原則とし、意思決定支援のプロセスを重視しながら、利用者の主体性・人権・尊厳を
    尊重する。
 (3) 佐渡市や佐渡市自立支援協議会及び関係機関との連携・協力体制を密にする。
 (4) 地域の中核的な相談支援事業所として、地域生活拠点における役割を果たしながら基幹相談支援
    センターと協力し、相談支援専門員や障害福祉分野支援の質の向上や人材育成に努める。

3 事業計画
 (1) 計画相談支援
    サービスの利用支援、継続サービスの利用支援を行う。
    ・インテーク、アセスメント、サービス事業者等との連絡調整。
    ・ケア会議の開催、サービス等利用計画の作成及びモニタリング。
    ・利用者に関する情報又はサービス提供に当たっての留意事項に係る伝達等を目的とした会議を
    毎週開催する。
    ・営業日・営業時間のほか、24時間常時連絡が可能な体制とする。
 (2) 基本相談支援
    相談者の課題解決に関する援助を行う。
    ・福祉サービス及び社会資源を利用するための援助。
    ・社会生活力を高めるために必要な援助。
    ・権利擁護に関する必要な援助。
 (3) 地域相談支援
    相談者の援助にあたる。
    ・地域移行・地域定着支援に関する援助
 (4) 佐渡市自立支援協議会の運営、推進への協力
    ・知的障がい・身体障がい部会の事務局業務。
    ・総合企画部会、知的・身体障がい部会、相談支援部会、就労支援部会、権利擁護部会、精神障が
     い部会、療育支援部会への参加、課題の検討。
 (5) 人材育成   
    ・各種研修会を企画・運営し、相談支援専門員や地域の人材育成を進める。

 
 






戻る