障がい者就業・生活支援センター  あてび

(就業支援等事業・生活支援等事業)


【運営方針】
1 運営目標 
  就職を希望する障がい者、あるいは在職中の方が抱える課題に応じて、雇用・保健・福祉・教育等の関係機   
 関との連携のもと、就業支援担当者と生活支援担当者が協力して、就業面および生活面の一体的な支援を行
 うことにより、職業生活の自立や安定を図る。

2 事業計画
 (1) 就業支援
  ・就業に関する支援
  ・就職に向けた準備支援(基礎訓練の実施、職場実習のあっせん、職場準備訓練のあっせん等)
  ・就職活動の支援(履歴書作成の支援、面接同行等)
  ・職場定着に向けた支援(職場訪問による適応状況の把握、在職者交流会の実施等)
 (2) 受入れ企業への支援
  ・それぞれの障がい特性を踏まえた雇用管理についての助言
  ・県内先進事例や支援制度の紹介
 (3) 生活面の支援
  ・生活習慣の形成、健康管理、金銭管理等の日常生活の自己管理に関する助言
  ・住居、年金、余暇活動などの地域生活、生活設計に関する助言
 (4) 佐渡市自立支援協議会の運営、推進への協力
  ・就労支援部会事務局業務
  ・総合企画部会、精神障がい部会、相談支援部会への参加、課題の検討
 (5) 佐渡市雇用促進協議会の運営、推進への協力
 (6) 個人情報厳守、プライバシーの尊重
 (7) その他
  ・関係機関との連絡調整
  ・関係機関連絡会議の実施
  ・県内7センター会議への出席
  ・各種職員研修

3 その他
 (1) 事業の概要
    この事業は委託事業で、障がい者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)による
   事業である。
  @ 雇用安定等事業・・・職業安定局からの委託事業による委託費
  A 生活支援等事業・・・地域生活支援事業費等補助金
 (2) 職務内容
  @ 管理者
     職員の指揮監督、設備備品の管理等、事業の適切な運営を統括
  A 主任就業支援担当者
     就労支援の進捗状況の把握管理、就業支援担当者や生活支援担当者に対する指導・助言、他機関
     との連絡会議の企画・運営等就労支援全般にわたるマネージメント
  B 就業支援担当者
     就業支援計画に基づき対象者に対する就労支援の実施、センター利用者を雇用する事業主に対する
     助言や情報交換
  C 生活支援担当者
     支援計画に基づき対象者に対する就業及びこれに伴う日常生活、社会生活上の助言や連携による
     支援
  

 
 


戻る