障害福祉サービス事業所  あんずの家




【運営方針】

1 運営目標
  就労移行支援事業、就労継続支援B型事業の円滑な運営を図り、共生社会の実現に向
 けて一般就労の実現、就労機会の提供などの就労に係る支援を行う。利用される方の意
 思及び人格を尊重して、常に利用される方に寄り添う支援を行う。

2 重要課題
  (1)就労移行支援事業
    ・障がい者就業生活支援センターあてびと連携しながら、職場実習先の開拓を図ると
     ともに、一般就労に向けた取り組みを強化する。
    ・発達障がいや重度の障がいを有する利用者、精神障がいを有する利用者の一般就
     労に向けた訓練を充実させる。
  (2)就労継続支援B型事業
    ・工賃向上を目指していくために、新事業計画に着手できるように取り組む。
    ・安定的な収益が得られる作業を模索し、また、新たな販路を探す。
  (3)人権擁護の徹底と虐待防止
    ・障害者虐待防止法を遵守し、施設内外の研修への参加や虐待防止体制の整備を
     行う。
    ・利用者のアンケート及び保護者アンケートを実施する。不適切な支援の有無につい
     て検証し、虐待及び人権侵害のない環境作りに努める。
  (4)安全対策
    ・毎月の避難訓練をとおし、避難方法や対応について検証し、随時マニュアルの見直
     しを行う。
    ・地震による津波、水害による避難や、その対応が迅速にできる体制を整える。
    ・通所時や作業中の事故防止に努める。
    ・防犯マニュアル沿った訓練を行い、防犯に対する意識を高める。
    ・様々な事故やケガに的確に対応できるよう、施設内研修を実施する。
  (5)地域生活支援
    ・利用者及び保護者の相談、利用者の生活支援について、相談支援事業と協力し迅
     速かつ円滑に解決を図る。
    ・グループホーム利用者については、相談支援事業所及びそよかぜと連携し、世話人
     と協力しながら支援する。
  (6)地域交流
    ・地域の各種催し物に出店することで、あんずの家について理解を深めてもらう。
    ・保護者会共催事業「夏祭り」を実施することで、地域住民とのつながりを深める。